サーフィンでのドローン活用

ドローンでサーフィンを空撮する事で自身の癖やフォームを見直すことができます。

パドリングが遅い人であれば、手の漕ぎ方、手の入り方が確認でき、ドルフィンスルーがうまくいかない人であれば、潜るタイミング、出るタイミングがわかります。空撮だと真上から見れるので一目瞭然ですね。

テイクオフでは、立つ動作時の足の入り方、スタンスが斜め上からなのではっきりとわかります。

陸からのビデオ撮影はほぼ正面からなのに対して、ドローンではあらゆる方向からの撮影が可能となり見やすくわかりやすいので、上達する早さが見込めます。

 

 

  1. 空撮によるメリット
  2. 空撮による真上からのパドリング(サンプル動画)
  3. 空撮によるドルフィンスルー(後日アップ予定)
  4. 空撮による波の追いかけからのテイクオフ(サンプル動画)